FC2ブログ

受け継がれるもの

きのう(金曜日)父の通院に付き添ってきました
父の病気についてはこちら→



午前中は曇っていたものの、午後からは雨の予報だったので
きのうは家に帰ってくる予定のよっしぃが
帰り車で迎えに行ったろか?とメールくれたので
私も駅まで原チャリを使わずバスで行き
帰りは病院から実家まで行って
よっしぃのお迎えを待つことにしました

この日の診察はちょっと時間がかかって
実家に戻ったのは夕方の4時ごろでした
ちょうどよっしぃも30分ほどして来てくれて…

父の病気がわかるだいぶ前から
母が家の中にあるいろんなものを
片づけにかかっていて
いわゆる終活ですね!

それでも昭和の人間なんでなかなか捨てれませんが
とくに父は手先が器用な人で
日曜大工や裁縫も得意なんです
私はだいぶ前に、父からミシンをもらいましたが
きのうは、日曜大工に使う工具をよっしぃが使うならと
2016_0625_080726-IMG_2679_convert_20160625111825.jpg
工具セットやノギスなど、あれやこれや持って帰ってと、託してきました

実家の庭には、はしごや大きなスコップ(シャベル)
他にも植木バサミなんかもいっぱいあります
真ん中の妹のダンナちゃんは、あまりDIYしないので
きっとこれらの工具類はほとんど我が家に受け継がれるんだろうなと…

父にしたら、娘ばっかりだったので
自分と同じようなことをしてくれる息子ができたのはうれしいこと
父と母も旅行が好きで、安いバスツアーや車中泊などもしてたので
よっしぃとは話しやすいんだと思います

腎臓摘出や心臓の中にできたがん細胞を取り除いた手術から約2年
術後すぐは2度ほど肺に水が溜まり、ちょっと危ない時期もありましたが
その後腎細胞がんには抗がん剤(内服薬)
前立腺がんにはホルモン療法の注射で治療を続けています

父がすごくガマン強いのか、それともほんとにそれほど苦痛に感じないのか
私たちにはわかりませんが、けっこう副作用の症状は出ているにもかかわらず
意外とひょうひょうとしている父です

若い人でも副作用が辛くてあきらめた抗がん剤を
父は1年半使い肺に転移しているがん細胞はだいぶ小さくなったんですが
今度は心臓の筋力が弱くなってしまって、
その抗がん剤をいったん止めて検査
そして別の抗がん剤に変えて検査
きのうは、心臓はよくなったけど、今度は甲状腺の値が悪いな~と。

ドクターも、あっちがよくなればこっちがね~と頭を抱えていらしたけど
ちょっとずつ薬の量を加減しながら様子を見ていくしかないね!って

術後半年も経っていないのに、年末の大掃除をしたり
昨年は、ベランダの床板が腐って危ないからと
床板はがして、ホームセンターで防水の板買ってきて
ベランダ改修したり、ベランダの屋根の波板張りかえたりと
80歳とは思えない、しかも信じられない行動力

心臓にもメスを入れた大手術を乗り越えたのに
昨年は母と一緒にバスツアーに参加できるまで回復しました
ガンが残っていても、こんなに自分で動いてくれる父に感謝です

本日もご訪問頂きありがとうございます
ランキングに参加しています
応援クリックよろしくお願いします


にほんブログ村 アウトドアブログ 犬連れ・猫連れキャンプへ

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント